診察日
診察日についてはこちらから
神経内科での診察となります。

 

「頭痛について」
頭痛は誰もが少なくとも一度は経験したことのある一般的な症状のひとつであり、日常診療でもっともよく遭遇するものです。しかし一概に頭痛といっても、原因はさまざまであり、当然ながら治療法も異なります。
慢性頭痛としては、肩こりや肉体的・精神的な疲労が引き金になって引き起こされる"筋緊張型頭痛"やストレスやうつ状態によっておこる"心因性頭痛"がもっとも多く一般的ですが、片頭痛や器質的疾患(脳腫瘍や血管奇形など)の鑑別も時には必要です。
最近、片頭痛については特効薬や予防薬もどんどん開発され、頭痛の正確な診断に基づいた診療の必要性が再認識されるようになりつつあります。  
めまいも同様に一般的な症状ですが、本来は耳からくるものが多いようです。最近ではやはりストレス性(心因性)のものが急増しているのが現状であり、脳疾患や心疾患(不整脈など)によるものはそれほど多くはありません。
しかし、その診断には困難なことも少なくありません。実際に、長期間頭痛で悩まされている方、治療に難渋している方も、決して少なくはないのが現状です。このような場合には"セカンド・オピニオン"を求めて、時には別の専門医の意見を聞いてみることも必要なこともあります。 症状に合わせて,専門医の診断を一度受けてみることも大切であると考えます。
※予約患者様が優先になっておりますので、初診の患者様はご予約をお願いします。診察の待ち時間の目安や混雑状況もわかります。かかりつけの医療機関がある場合には、必ず紹介状をお持ちください。