処方箋の内容について、量・飲み方・飲み合わせ・副作用などのチェックをし、必要に応じて処方医への疑義照会を行い、それぞれの患者さんに適した形で調剤 しています。また、当院では院外処方せんのチェック(外来の90%以上が院外処方せん)も行い、調剤薬局からの疑義照会の窓口にもなっております。

注射の指示せんに基づき、入院患者さんの注射薬の個人セットを行っています。注射抗がん剤に関しては、施用歴に基づくレジメンチェックと処方内容、調剤結 果のダブルチェックするなどして、特に厳しく安全管理を実施しています。毒薬・麻薬・向精神薬や血液製剤も厳格な管理が必要で、患者ごと・処方ごとに使用 量・使用日などのチェックを実施しています。

DI(Drag Information)とは、医薬品の情報を指す言葉です。医薬品を有効かつ安全に使用するには、その情報が必要不可欠です。医薬品の 効果や副作用などの情報を収集、評価し、管理することで、医師や看護師、医療スタッフへ的確な医療情報の提供を行っています。

医師や看護師と連携し、医療チームの一員として入院患者さんに対して服薬指導や薬歴管理などを行い、適正な薬物療法の実施を支援しております。入院時に患 者さんの持参薬のチェック業務もこの一環として実施しております。また、病棟の配置されている医薬品の管理を行っております。その他に、医薬品安全管理の 責任者として、病院における医薬品の安全管理の中心を担い、チーム会議を開催したり、また医療安全委員会や院内感染対策委員会をはじめ、各種委員会への参 加も積極的に行ったりしております。