慢性頭痛の原因として知られている片頭痛は、慢性頭痛患者の約2割とされ女性に多いのが特徴です。20-40歳代が最も多く一般に月に何度か拍動性の激しい頭痛、嘔気を経験します。最近では有効な治療薬がありますので積極的に専門医を受診してはいかがでしょうか?お問い合わせは、南東北福島病院まで。

 

脳梗塞は脳血管が突然つまって、半身麻痺や言語障害・意識障害などを呈する病気です。後遺症が残存する可能性も高く、予防治療(メタボリック症候群の治療)や運動・水分摂取などが大切です。最近では3時間以内の超急性期脳梗塞にはt-PAという特効薬が使用できるようになりました。“脳梗塞かな?”と思ったら、早急に医療機関を受診することが大切です。
 郡山の総合南東北病院は東北一の100例以上の症例を昨年度は実施しました。

 

物忘れ外来開設しました。

お気軽にご相談ください。

アルツハイマー病がかくれているかもしれませんよ!!