• 診療科の特徴・症状と受診のポイント

    心臓血管外科とは「心臓と血管の病気を手術的に治す診療科」で、これを主に行っておりますが、「心臓と血管の病気をお薬などで治す」循環器内科の診療も兼務して行っております。通院しておられるのは心臓血管外科を終えられた患者さんの他に、狭心症、心筋梗塞後、高血圧症、脂質異常症などの患者さんがその大部分を占めています。「胸が苦しい」、「息切れがする」などの症状がある方は肺の問題ではなく、心臓の気が隠れているのかもしれません。「最近、ところどころで立ち止まって休まないと足が痛くなり、歩けなくなる」との訴えが出てきた方は下肢の血管の病気をお持ちかもしれません。「ふくらはぎなどに大きく腫れた血管が蛇行して見えている」のが気になる方は「下肢静脈瘤」です。手術が必要とは限りません。是非、一度恐がらずに受診してみてください。日頃の悩みが解決するかもしれませんよ。

 

  • 疾患名・手術名
    閉塞性動脈硬化症に対する下肢血行再建術
    (バイパス手術、血管内手術)
    急性動脈血栓塞栓症に対するカテーテルによる血栓除去術
    下肢静脈瘤に対する手術(ストリッピング手術、硬化療法)
    洞不全症候群や房室ブロックに対するペースメーカ植込み術

 

安藤 正樹
役職 心臓血管センター長
出身大学 福島県立医科大学
専門 日本外科学会指導医
日本心臓血管外科専門医
日本循環器学会専門医
所属学会 日本外科学会
日本心臓血管外科学会
日本胸部外科学会
日本循環器学会
日本脈管学会
日本血管外科学会
日本人工臓器学会
ひとこと 循環器系疾患(心臓や血管)の診断・治療を通して皆さんの健康な生活のお手伝いをしたいと思います。